■解剖体を用いた研究についての考え方と実施に関するガイドライン

本年4月より「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針新倫理指針」が施行されました。これに伴い、国内の解剖学教室が解剖体を用いて行う解剖学研究が本指針に則って適正な推進が図られることを目的として、日本解剖学会は標記ガイドラインを定めました。会員各位におきましてはご確認頂きますよう、お願い申し上げます。

解剖体を用いた研究についての考え方と実施に関するガイドライン

■会員名簿2016について

教育研究機関別名簿用資料作成用ファイルはこちらです。提出期限:2015年6月25日(木)

教育機関別会員情報提供のお願い

教育研究機関別名簿用資料

会員各位への登録情報確認、教育研究機関別名簿用資料作成の各依頼は5月27日(水)発送です。

■学会ロゴマーク公募について

学会ロゴマークが決定しました。詳細は学会ロゴマークページをご覧ください。

■第121回日本解剖学会総会・全国学術集会

大会ホームページ:http://www.procomu.jp/anat121/

会頭:
八木沼洋行(福島県立医科大学医学部神経解剖・発生学講座)
会期:
2016年3月28日(月)〜3月30日(水)
会場:
ビッグパレットふくしま
テーマ:
「かたち」から入るか、「かたち」に還るか
問合先:
福島県立医科大学医学部神経解剖・発生学講座
〒960-1295 福島県福島市光が丘1
Tel:024-547-1116 Fax:024-549-8811
E-mail:anat121@fmu.ac.jp

■お知らせ