編集委員会

2015-2016年(平成27-28年)度 編集委員会 (名簿
委員長:岡部 繁男(東京大・医)

活動内容紹介

(社)日本解剖学会は、解剖学研究成果を公開し、かつ、会員相互間の情報交換・会議記録の周知に役立てるため、学術誌「解剖学雑誌(Acta Anatomica Nipponica)」を発刊している。

その発足は 1928 年(昭和 3 年)であり、発足以来、戦前・戦後を通じての関係者の弛まぬ努力により、掲載内容の充実のために幾多の工夫が重ねられてきました。

さらに 2002 年からは研究成果を国際的に発言するための手段として、欧文誌の「Anatomical Science International」を Blackwell 社より新たに発刊いたします。原稿の解剖学雑誌は、2002 年からは和文誌としてリニューアルし、会員間でのコミュニケーションのツールとして充実させていきたいと計画しております。