認定解剖組織技術者資格審査委員会

2017-2018年(平成29-30年)度 認定解剖組織技術者資格審査委員会 (名簿
委員長:佐藤 哲二(鶴見大・歯)

活動内容紹介

解剖学教育・研究の実際において、御遺体を適正に処置し、以て教育・研究に役立ち得る肉眼標本作製業務に従事する解剖技術者、並びに同目的に供する組織標本作製業務に従事する細胞組織技術者の役割は極めて大である。

本学会は、これら解剖組織技術者の技術並びに知識の正当な評価と、その技能の向上を図ることを目的として認定制度を設けている。本学会において、一級、二級の解剖・細胞組織技術者の認定を受けようとするものは、「認定解剖組織技術者認定規程」に定める所定の手続きを行って、当委員会による審査を受けなければならない。審査は書類審査・認定試験に分かれ、特に一級技術者を目指すものは認定試験(1回/年実施)を受ける。当委員会による審査を経て、理事長は技術者の認定を行い、解剖組織技術者簿に登録し、認定証書を交付する。